葬儀場を選ぶ

葬儀場ってみなさんはなにを基準にして選んでるんでしょうか?近所の近くの葬儀場?呼ぶ人数に合わせても選ぶのでしょうか?
私は親族で亡くなったのは私が大きくなってからはおばあちゃんかなと思うんですが・・・その時はおばあちゃんの家からはそんなに近くなかったように思います。とてもきれいで大きな場所だったと記憶しています。さすがにこれは経験していないとよくわからないことですけど・・・でも私ならと考えた時に綺麗な場所でみんなに見送ってもらいたなと思いました。でも・・・そうなると料金がどのくらいかかるのかな?とも考えますよね・・・といったように葬儀場を選ぶのには色々考えなきゃいけことがあります。
葬儀場を選んだ事も探した事もないので前の会社の先輩に聞いてみました。まだ40代だった先輩のお母さんが3年前くらいに亡くなりました・・・.
私の主人が不動産会社に勤めていたのでそのお母さんの引越し先のお部屋を探してあげましたが、「落ち着いて生活し始めたんです」と聞いてからすぐに病気で入院したと聞きました。その後そんなに経たないうちに亡くなりました・・・。その時はお通夜にだけ参列しました。ちいさな葬儀場でしたが新しくとても綺麗でした。先輩はお母さんは急だったしお金もそんなにかけていられないしおかあさんの知り合いも札幌にそんなにいなかったのでそんなに大きな葬儀場にはしなかったと言ってました。その葬儀場は旦那さんの知り合いから聞いてたのもあったらしくお金の面や家からの距離などいろんなことを考えて決めたといってました。

いろんな葬儀場があるなかここだと思う葬儀場を探してあげるのが最後に故人にやってあげれる事なんですね。
葬儀場をきちんと選ぶなら「賢い葬儀場の選び方」がおすすめです。

 

 

葬儀と供花

葬式のお花といえば白のイメージがあります。菊とか百合とかが一般に飾られるお花なのかなとは思いますが、遺影のほうに気をとられるので花の種類とかは詳しく見ていないので実際はどんな花が飾られてるかよくわからないのですが・・・かなり前に行ったお葬式なのでいつだったか覚えてないですけど飾られてるお花をもらって帰ったことがあります。

どうしてもらったか覚えてないけど司会者みたい人がどうぞ自由に持って帰ってください。と言っていたのでせっかくだからと思いもらったような気がします。でもそのときにもらった花は色々な色のお花だったのは鮮明に覚えてます。でもその時はなんとも思っていなかったんですけど・・・きれいなお花を頂けて嬉しいな と思ったくらいですけどそのことを妹に話をしたらなんかあんまり縁起よくないんじゃないか?と言われました。確かにお葬式やお通やに行った後に家に入る前に清め塩とかするのにお葬式で飾られてる花を持って帰ってきて飾るのって・・・・?と今さらながらどうなんだろう?と思いネットで調べてみたのですが・・・地域によっても人によっても考え方が違うようで色々でした。

お葬式に飾ったお花を持って帰ってきたらお姑さんにすごく怒られました・・とかやはり私と同じように司会者の人にせっかくなので持って帰ってくださいと言われたのでもらって帰ったとか・・・お父さんのお葬式で参列者のかたに配って残りは近所の人にも配ったとかで人それぞれなんだなと思いました。花輪なども地域によっ ては造花のところもあるようでいっさいそういう風習はないといったところもありました。同じ日本でも色々なんですね・・

葬儀の写真

皆さん葬儀の写真の準備はもうしていますか?高齢や病気でない限り前もって用意をしようと考える人は少ないかもしれませんね。私は後者なので入院中のベットの上でついそんな事を考えてしまいました。

一昔前なら写真の合成や修正をする技術もそんなに進んでいなかったので、お家から提供して頂いた写真を拡大しただけの物が多かったですね。なので自然と故人の雰囲気も伝わってきた気がします。でも今は技術が進んでプリクラなんてハイテクな物も流行っているので合成や修正なんて、おてのものですね。そのせいか顔が違うだけで、だいたいは同じに見えてしまうんです。気のせいでしょうか。だからこそ私は自分の葬儀の写真は、ありきたりなものではなく個性的な物にしたいと考え、色々なポーズや表情で試みてみましたが、どれも納得がいくものにはなりませんでした。やはり一般的に使用されているものの方が見慣れているせいか、しっくりくるのです。このままでは、私の葬儀の写真は自分で納得したものを選ぶ事なく身内に適当に選ばれてしまうのでしょうね。

適当といっても色々と考えてくれているとは思うんですけど。葬儀の写真の心配をするよりも1日でも早く退院出来るよう、治療に専念しなさい!と言われてしまいますね。その方が前向きに進んでゆけるのもわかっているです。ただ、どうしても病院のベットで一人寂しくいると、ついそんな事ばかり考えてしまうのです。

やはり健康が一番だとつくづく思いました。

葬儀費用について

つい最近、ある営業の人が私の家に訪問に来て葬儀の事や結婚式の費用などについての話をしていました。
結婚式は前々から予定を立てて資金などを集める事ができるから計画を立てた上で予算を考えて挙げることができるけどもそれでも費用も安くはないので私の子供たちが三人ということで子供が多い分今から考えたほうがいいのでは?ということと葬式となると急な事があるのでなかなか若いうちだとその辺はあまり考えてないので費用を用意できないと・・・なので万が一に急な費用が必要になったときに困らないためにも月々少ない金額からでもいいのでかけませんか?と言われました。でも営業なのでその時はあんまり深く考えずにやんわりとお断りをして必要になったらこちらから連絡しますね。といい帰ってもらいました。でもよくよく考えてみると正直な話、葬式とかは身近で起こるなんて考えたくない けどもしもの場合の費用に困るのも確かに嫌だな。と思いました。

親もまだ60代と云えどもいつどうなるかわからないし、そのうえ私の父親は初期のがんで一昨年に手術をして手術は成功はしたのですが半年に一回は検査の為に病院に通ってます。いつ再発するのがわからない病気なので・・・まだまだ私には関係ないと思っていた事ですが真剣に考えてもいいのかなと考えさせられました。

今年のお盆に実家に帰った時にでも兄弟が集まるときに葬式の費用等の話をしてみようと思いました。みんなに縁起でもないと言われそうですが・・・・

葬儀について気になるところ・注意が必要ところを紹介します。